確定申告を出さないと、こんな悲劇が起きるかも

確定申告、終わらないかと思いました


植田先生、確定申告すごく時間がかかりました…(::)

うーん、そうですねマリさんは、スタートがゆっくりでしたからね。

年度末で仕事の方も立て込んできて、本当に3月15日までに終わらなかったらどうしようかと、心配しました。無事終わってよかったですよ、ほんと。

ところで確定申告って、出さないとなにか問題が出てくるんですか?


そうですね、私の先輩の税理士から聞いた話ですがこんなケースがあったそうです。

奥様が会社に勤めており、旦那さんが奥様の扶養に入りながら自営業をしていました。旦那さんの事業は、そんなに売上も大きくなかったので「申告する必要もないだろう」と思い、事業を始めてから一度も確定申告をしたことがなかったのです。確定申告どころか、開業届も出していませんでした。


開業届もですか?!こっそりと?事業をされていた、ということですね。

でも事業を始めてから5年後、旦那様が交通事故に遭ってしまったんです。

自営業の収入、証明するには?


ええ!それは大変……でも事故や病気は予防はできても避けられないし、わたしも明日はわが身ですよ…。最近CMでよくきく「はたらけなくなったときも安心の保険」みたいなのはどうなんですか?

そうですね、所得補償保険(損害保険会社)、収入保障保険(生命保険会社)など各社からいろいろな商品が出てきていますね。この旦那様も事業をはじめて間もなく、加入を考えたそうです。ですが、「自営業の場合は加入の手続きのときの確定申告書など、年収を証明できるものが必要だ」と担当者に言われ、加入を見送ったのだとか。


自分が事業を行っていることを証明する、というのは思った以上に難しいんですね。

きちんと確定申告をおこなっていたらお金面の不安は少しカバーできていたかもしれないのに……。

たらればを話しても仕方ないですね。今お元気に暮らしているのを祈るばかりです。それにしても、確定申告って考えていたよりいろんなところに影響があるんですね。確定申告書が本当に大切な書類だということがわかりました。

無申告のペナルティ


そのとおりです。他にも、確定申告をしないと不利益になることはあるんですよ。

例えば、無申告加算税の支払い。無申告加算税というのは、確定申告を期限内にしなかったことへの罰則です。本来の税額+αの罰金を払わなくてはいけなくなる場合もあるんです。

また、話は戻りますが、確定申告書の控え等は「収入や所得を証明するもの」として、金融機関から融資を受けるとき、住宅ローンを組むときなど、色々な場面で必要になります。「出しているか」「出していないか」で人生設計まで大きく変わってしまうこともあります!

今回マリさんは初めての確定申告でしたし、来年はもっとスムーズに進むと思いますよ!3月が近づく前に、一ヶ月ごとに収支を把握していきましょうね。確定申告も重要ですが、事業の状態を把握するのも同じくらい重要です。細かい疑問はその都度解決しながら一緒にがんばりましょう。


はい!ありがとうございます!

関連記事

はじめての確定申告② 決算書を作ろう

フリーランスの確定申告、はじめの一歩はこれ。Excelで「帳簿の素」を作りましょ...

個人事業の開業届が手元になかったので、税務署へ行ってみた。

ホームページ開設のお知らせ

【世界の税金】犬を飼うのに税金がかかる国、ドイツ(2)

開業届を出したあとに思う、「やっておけばよかった」こと。