フリーランスの確定申告、はじめの一歩はこれ。Excelで「帳簿の素」を作りましょう!

会計も経理もさっぱりな、駆け出しフリーランスのまりさん。

そんなまりさんの疑問に、インテグリ税理士法人の植田先生が答えてくれますよ!

レシート、山盛りなんですが……


先生、今日はご相談があってきたのですが。

どうされましたか?

まずこの写真をみていただけますか?

なるほど、このレシートの山をどうにかしたいわけですね、

初めてご相談にいらっしゃったときも「経理が全然できていない」ってお話されていましたし、ずっと気にはなっているけど、ここからどうしたらいいかがわからない、という状態でしょうか?


そうなんです、ここからどうしていったらいいんでしょうか?

そうですね、まずは3月の確定申告を一つの目安にして取り組んでいきましょうか。まりさんは青色申告ですか?

はい、このレシートの山を前にそんなこと言うのもあれなんですが……こんな状態からでも大丈夫なんでしょうか…?

大丈夫、まずは青色申告で必要になる書類について一緒に確認してみましょう!

 

青色申告で必要な書類

総勘定元帳……複式簿記の全ての取引を勘定科目別にまとめた帳簿
仕訳帳…………複式簿記のすべての取引を日付順に記録した帳簿
現金出納帳……お金の入出金と現金残高が一致しているかどうかを確認できる帳簿
預金出納帳……銀行の口座別にお金の入出金が確認できる帳簿
売掛帳・買掛帳…売掛、買掛が確認できる帳簿        …etc

 


帳簿、帳簿とよく耳にしますよね。詳しく見るとこの5つが必要です。事業の内容によっては必要ないものもありますし、追加で必要なものもありますが。

現金出納帳、とかは聞いたことがあります。でも、こんなに帳簿が必要なんて……植田先生、もうくじけそうです……。

この5つを別々に作らなくても大丈夫ですよ^^まずは「帳簿の素」を作りましょう!

帳簿の素?(なんだか美味しそう)

はい、これを作ることが大事な最初の1歩です。ゆっくり、一緒にみていきましょう^^

帳簿の素は5つの項目でできている


まりさんは表計算ソフトのExcelは得意ですか?

事務の経験もないですし、得意!と胸を張って言えるレベルではないです。単純な表なら作れる、という感じでしょうか。

十分です!難しいことができなくても大丈夫。Excelで次の5つの項目を横に並べて入力しましょう。

・日付・金額・勘定科目・相手先・内容」です。これが色々な帳簿の素になります。


はい、やってみますね!……こんな感じでしょうか?
日付 金額 勘定科目 相手先 内容

よくできました^^ ではレシートの山から1枚、まずは入力してみましょうか。

どのレシートでもいいんですか?日付順に分けたりしなくてもいいんでしょうか?

大丈夫です、日付順に並べ直すのはExcelなら入力後に簡単にできますから!

はい、入力しました。「勘定科目」のところがよくわからないんですが、空欄でいいでしょうか?
日付 金額 勘定科目 相手先 内容
1/4 ¥500 ◯◯パーキング 駐車場代

うん、勘定科目のところはいまの段階では空けておいていいですよ。できましたね! 基本はこの作業です。Excelが初歩レベルで使えればこの作業はクリアできると思います。単調な作業ですが、これが「帳簿の素」になっていきますので、慎重にサクサクとやっていきましょう!

ちょっと量が多いので……宿題で持ち帰って家でやってきますね。頑張ります!

はい、ではまた明日!わからないことがあればご連絡くださいね、頑張って!

ーーー翌日ーーーーー


先生!終わりました~。以外と楽しく終われました!途中、「こんなに使っているのか…」と絶望したりしましたが、なんとか全部入力しました。

1日でよく頑張りました!「帳簿の素」はこれで完成です。あとはこれを、いろいろな帳簿に変身させていきますよ。

なんだか一歩すすんだっていうことが嬉しいですね。あのレシートの山を見るたび、ほんとうにストレスで。

うん、今回は一気に入力することで確定申告に対応しますが、1月から新しい期が始まるわけですし、毎日、毎週、毎月コツコツ入力していきましょうね。そうすることで事業のお金の流れもよくわかりますよ。

税理士に相談しよう!とおもったら


新しく事業を始められた方からのご相談で多いのが「レシートは確定申告で使うからとっておけ、って言われたから残してあるけど、ここからどうしたらいいですか?」というものです。

まりさんは、開業したのが夏ですから、ちょうど半年分でしたね。


はい、これが1年分だったら、2倍の山……。今回みたいにはおわらなさそうですね。

入力しながらも「このレシートなんだっけ?」と、手が止まってしまうもの結構ありました。


そう、「忘れるはずがない」と思っても記憶は薄れていきますから(笑)

そしてこの「帳簿の素」まで作っておけば、税理士にご相談されるときもわかりやすいアドバイスがもらえると思います。


たしかに、あのレシートの山をもってきて「なんとかしたいんです」って言うのと、このExcelの表をみせて言うのではそこからの流れが全然違いそうですね。

ええ、そのとおりです。

あとご相談を考えるときはExcelで帳簿を作ることに対応している税理士かどうか、確認することも忘れずに。紙の帳簿、とか専用会計ソフト、とかポリシーをもってやっている先生方も多いので。


自分にあった先生を探す、一つの目安になりますね。わたしは植田先生が対応してくれる先生でよかったです笑

次の確定申告はあせらずに迎えられるよう頑張りますね!


そうですね! その意気込みを忘れず、まずは今回の確定申告、しっかり書類を整えて臨みましょうね。そして帳簿は本来は日々、取引ごとにつけるもの、ということをお忘れなく。

慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、習慣になれば事業にもプラスになること間違いなしです! 

point!

「帳簿の素」は5つの要素でできている!

・日付・金額・勘定科目・相手先・内容

まずは、たまったレシートを5つに整理することから始めよう!

関連記事

教えて、植田先生!「そもそも税理士ってどんな人なんですか?」

【世界の税金】犬を飼うのに税金がかかる国、ドイツ(1)

【世界の税金】犬を飼うのに税金がかかる国、ドイツ(2)

NO IMAGE

「開業するのですが、縁起のいい日はありますか?」

ホームページ開設のお知らせ

個人事業の開業届が手元になかったので、税務署へ行ってみた。