【世界の税金】犬を飼うのに税金がかかる国、ドイツ(1)

犬派ですか?猫派ですか?


スケートのメダリストと秋田犬が話題でしたね。ところで、植田先生は犬派ですか?猫派ですか?

うーん、どちらかといえば犬派ですかね。マリさんは?

わたしは犬も猫もどちらも好きですね。犬はアクティブで素直だし、猫は自由だけど甘えられると嬉しいし。

条件が許せばどちらも飼いたいくらいですよ!


犬と言えば、ドイツに「犬税」という税金があるのをご存知ですか?


え?!犬を飼うのに税金がかかるんですか??

犬一頭に1~2万円の税金が


はい、これはドイツのお話ですが、犬1頭あたり日本円で1~2万円の税金が犬税としてかかります。犬を檻にいれて飼うとプラスで税金がかかるし、闘犬と呼ばれる種類の犬を飼うには普通の犬の3倍の犬税を納めなければなりません。

ずいぶん厳しいんですね…びっくりです。

そうですね、ドイツは動物愛護先進国ですから。バスに乗るときには子供料金を支払えば、犬も乗車できますし、レストランも犬の同伴可能なところが多くあります。外気温が21度以上のときは車に犬を置いていると通報されて警察がくるそうですよ。

犬も人の子供と同じくらい大事にされている…。


ドイツだけではなく、犬税は、オーストリア、オランダ、チェコ、スイス、フィンランドでも取り入れられています。

ドイツだけじゃないんですね。

こちらの記事へ続きます!

関連記事

【世界の税金】犬を飼うのに税金がかかる国、ドイツ(2)

教えて、植田先生!「そもそも税理士ってどんな人なんですか?」

フリーランスの確定申告、はじめの一歩はこれ。Excelで「帳簿の素」を作りましょ...

確定申告を出さないと、こんな悲劇が起きるかも

はじめての確定申告③ まとめ

個人事業の開業届が手元になかったので、税務署へ行ってみた。